院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2018.03.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

園で誕生日会があるたびに、「もう!ちーくんの誕生日はいつくるの!」と号泣していた息子ですが、ついに誕生日を迎えることができました。

ちひろ5さい

息子の呼び名は『ちひろ』と言います。息子が妻のお腹にいるときに、妻が飼っていた猫の「ちーちゃん」が残念ながら亡くなってしまいました。産まれてくる子どもには「ちーちゃん」と呼べる名前をつけようと考えており、オリックスバファローズのエースの金子投手と同じ『ちひろ』と名付けました。

ちーちゃん

ちーちゃんの写真を見た息子は「これ、ちーくんがねこちゃんだったときのしゃしん〜」と言うことがあります。「え!?」とは思いますが、「ちーちーは男の子になって、お父さんとお母さんのところに来てくれたんだね。うれしいよ、ありがとうね。」と答えます。

ちひろ手紙

息子が先日、手紙を書いてくれました。『すべり台で遊ぶちーくんとちーくんを見てるお父さん』の絵だそうです。遊園地や動物園に行って一緒に遊んだことよりも、息子にとってはすべり台の上やすべってる最中に自分の姿を見てる僕の姿の方が印象に残ったんだと思います。何気ないときに気づいたら傍にいて、喜ぶ時には一緒に喜んで、時には一緒に悲しんで。『気持ちに寄り添う』ことの大切さを息子から再確認させてもらいました。

ちひろ5歳

やんちゃ者で、親としてはハラハラしつつも、たくましさを感じることもあります。目の前に喜んでいる人がいたら心から祝福できて、悲しんでいる人がいたらすすんで手を差し伸べることができる。そんな男に育ってほしいと思います。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.02.28更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者様のホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング前後

患者様はとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.02.27更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者様のオフィスホワイトニングが終わりました。

オフィスホワイトニング

患者様はとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.02.23更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望された患者様の施術が終わりました。

セレック治療前後 

2時間半ほどかかりましたが、1回の治療で患者様のご希望に沿うことができました。とても喜んで下さったので、嬉しかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.02.07更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯の形の色が気になるとご来院された患者様の施術が終わりました。

神経を抜いた歯の色の経時変化によるものでした。充填物による元々の歯の切削もあったため、全体を整形し、被せた方がきれいにできると判断しました。説明ののち、同意頂けたので施術を開始しました。

治療前後

左右が均等な状態になるよう修正しました。インフルエンザの流行等で治療ができない期間もありましたが、根管の再治療も含めて約2ヶ月で治療を終えることができました。患者様にはとても喜んで頂けたのでよかったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.01.29更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

 初診時は「できる限り削らないで、抜かないで、歯を綺麗にしたい」と希望されてご来院頂きました。治療に5ヶ月位かけて、「頑張って残しましたけど、この前歯は結構厳しい状況です。もしダメになったら、インプラントは難しいからブリッジにして綺麗にしていきますね。」とお伝えしておりました。

初期治療前後

残念なことに治療が終わって半年以内で、交通事故に遭われました。

患「歯が抜けないように、メンテナンスも頑張って通ってたのに。。。ボロボロになってしまいました。もう無理ですよね。。。」
僕「僕はあなたの主治医ですから。あなたが本当に困っている時に無理だ、NOだと言うのではなく、気持ちに寄り添うことが主治医の務めだと思っています。あなたがもう一度僕に任せて下さるなら、自分の何かを削ることになっても、意地でもあなたを綺麗にします。抜けた歯のとこにインプラントは元々厳しい状況で、事故でさらに厳しい状況になってしまいましたが、かかりつけ医と九州男児の誇りにかけて治療に尽力いたします。」

処置後そんなやり取りから1年5ヶ月。歯が抜けたところのインプラント治療もちゃんとうまくいって、事故の影響でダメージを受けた他の歯もきちんと治すことができました。

事故前後のレントゲンの比較です。

デンタル

初診時からの比較です。

処置比較

困っている患者さんの気持ちに寄り添える治療を果たすことができて嬉しかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.01.19更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望された患者様の施術が終わりました。

セレック治療前後 

1時間半ほどかかりましたが、1回の治療で患者様のご希望に沿うことができました。とても喜んで下さったので、嬉しかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.01.15更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者様のホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング

患者様はとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2018.01.04更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

年末年始の休診中は九州に帰省しておりました。

 娘は、体は柔らかいので体操は得意なのですが、ボールを使ったスポーツは得意ではありません。小学校の先生から冬休み前の面談で、冬休み中にボールをうまく投げれるよう頑張りなさいとお言葉を頂きました。 『ブランコを自分でこげるようになること』と『ボールをうまく投げれるようになる』ことを冬休みの目標にして頑張りました。

 僕も一緒にボール投げの練習をしていたのですが、娘はボールに対して手が小さいのかリリースの前に手からボールが離れてうまく投げれないようでした。僕も妻も手が小さいので、「遺伝もあるから今は仕方ないかも」と夫婦で苦笑しておりましたが、娘はうまくいかないことが悔しくて泣き出してしまいました。

娘「ボール投げるなんて無理!ももちゃんはばか娘だし!」

僕「お父さんとお母さんの大切なももちゃんがばか娘なわけないやん。ももちゃんは今どうやったらうまくできるか考える勉強とできなくてくやしい気持ちを勉強してるの。それはできるようになってからは二度とできない勉強だから、ものすごく大切な勉強なんだよ。お父さんも今は大丈夫でも、ももちゃん位の時はできないことばかりだったよ。でもその勉強をたくさんしたおかげで、うまくできるように自分で考えることができるようになったり、悲しい人の気持ちが分かったりできるようになったよ。 ももちゃんは『距離を競うより、どう飛んだかどこを飛んだのか、それが一番大切なんだ』って歌ってたよね。紙飛行機でもそうだし、お父さんもそうだと思ってるよ。ももちゃんはお父さんとお母さんに似て、今は少し手が小さいの。 ももちゃんができるまで、お父さんは絶対そばにいるから。一番応援するから、泣かずにがんばろうよ。」

 自ら先導して道を作っていくことも、歩みを共にしてどう進むか見守っていくことも、父親業は難しいなぁと思う年末年始でした。

桜島

娘と2人で水族館に行きました。天気がよく桜島がきれいに見えました。

ブランコ

ブランコは自分でできるようになったので、よかったです☆

正月

 

休診中、患者様にはご迷惑をおかけしました。本年もお困りの患者さんの気持ちに寄り添える歯科医院でありたいと日々邁進して参ります。どうぞ宜しくお願い致します。

投稿者: リモデンタルクリニック

2017.12.27更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

院長と副院長

12/28(木)は午前午後診療いたします。12/29(金)〜1/3(水)は休診いたします。1/4(木)は午前午後診療いたします。

 本年もお口のことでお困りの患者さんの気持ちに寄り添える歯科医院を目指し、『あなたの歯医者さんでありたい。』のスローガンのもと、医院一丸となって患者さんのお悩みに真摯に向かい合ってまいりました。たくさんの患者さんのご支持に心より感謝申し上げます。
 休診期間中はご迷惑をおかけいたしますが、何かございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡下さいませ。できるかぎり速やかに対応いたします。

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら