院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.12.18更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

全体的な治療の相談を希望されて患者さんがご来院されました。

初診時

レントゲン写真から左側で咬みにくいと推察し、その原因が左下にある事、全体の治療を行う前に、左右問題なく咬めるようにする事が大切であるとお伝えしました。患者さんに治療計画書を作成しました。

治療計画書

患者さんは左下へのインプラント治療をご希望されましたので、抜歯を行い、骨再生手術を行いました。その間の骨と粘膜の成熟を待つ間に、全体のホームホワイトニングを行いました。患者さんが満足される白さになったのを確認して、セラミック治療を行いました。

ホワイトニング後

患者さんにはご満足頂けたので、良かったです。CTシミュレーションを行い、手術計画書を作成しました。

手術計画書

手術内容に同意頂けたので、インプラント手術を行う事となりました。インプラント手術計画には考究用模型(スタディモデル)が不可欠です。模型を使って、手術前にシミュレーションを十分に行います。

模型

所定のポジションにインプラントを埋入するために、模型にマーキングをしていますが、実際にはこの角度で術野を捉える事は不可能です。頬粘膜があるからです。歯の上部の咬合面での中央を捉えがちですが、実際は歯肉同縁部での中央で捉えます。咬合面間でのセンターを捉えると不安定だからです。今度は実際の術野を想定して、緑星印のマーキングがどう見えるかを確認します。

模型

緑星印は実際見ると、中央には見えないことがほとんどです。咬合面でのセンターをとると、赤星印がそうであるように見えます。このように視角が変わる事でずれが生じてしまうことを避けるために十分にシミュレーションを行う事が大切であると考えています。もちろん、解剖学的な制限でポジションや軸を妥協しないといけないケースも沢山あります。今回の場合は、骨再生処置をきちんと行い、理想的にインプラント手術を行う条件を整えることができました。

インプラント術後

 インプラントの埋入本数が少なくても、難しいケースもあります。僕は症例の難易度は埋入本数に依存しないと考えています。埋入本数が増えると、術野が広がり、自由度が広がるからです。一般治療でも考える事は同じですが、一つ一つのことを大切にすることで、次が見える。一つのことを追究して、より多くの学びを得ようとする姿勢が大切であり、経験はその密度や濃度が大切であると考えています。

 患者さんは12:50にご来院され、局所麻酔とクリーニング、むし歯の修復治療を2本ほど行いました。13:25から手術を開始し、13:40には縫合終了、レントゲン撮影や術後の説明を行い、13:50には医院をお出になられました。

 患者さんには負担少なく手術を終えることができたので、よかったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.12.13更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望の患者さんが来院されました。

初診時

むし歯治療が必要なことと、歯並びを修正するのであれば、左上のさし歯はセラミッククラウンで対応し、右上の内側に向いた前歯はラミネートベニアで対応した方が良いことを提案しました。患者さんは治療方針の提案に同意頂けたので、治療を進めていくこととなりました。

処置前後

処置前後の比較です。

通常時

微笑時の比較です。

微笑時

平常時の比較です。治療期間は約2ヶ月、8回ほどご通院頂きましたが、患者さんはとても喜んで下さったのでよかったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.12.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのホームホワイトニングが終わりました。

 ホームホワイトニング

患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.12.04更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯の色が気になると患者さんがご来院されました。

初診時

 上顎両側側切歯が歯並びから内側に位置していることと、むし歯ではなくコンポジットレジン修復が古くなっていることが原因であることを説明しました。問診によると、高校時代の同級生の歯科医から過去に治療をしてもらい、その先生が先日、お亡くなりになられたとのことでした。私自身はその先生と面識はございませんが、外して新しくするのは、患者さんと同級生の先生との思い出が失われるように感じました。

 外さずにきれいにできる方法を考え、ラミネートベニアで歯並びの改善し、審美的に仕上げることを提案しました。患者さんに同意頂けたので、治療を開始しました。

治療前後

正面観です。

右側

右側です。

左側

左側です。患者さんには3回、ご通院頂きました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.12.01更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

院長と副院長

2019年は12月28日(土)まで、2020年は1月4日(土)から診療致します。 

2/13(木)は午前診療いたします。

3/19(木)は午前診療いたします。

4/6(月)は休診いたします。4/9(木)は午前・午後診療いたします。

4/30(木)は午前・午後診療いたします。

5/7(木)は午前診療いたします。

2019年も大変多くの患者さんにご支持頂きました。当院を大事にして下さるたくさんの患者さんに対して、歯科医師冥利に尽きる臨床ができたことや、スタッフも慈しみやいたわりの気持ちを持って全力尽くせたことで、とても充実できた1年であったと感じております。

来年も今まで大切にしている事を、さらに色濃いものにできますよう、そして、さらに新しく良い治療を実践できるよう研鑽して参ります。当院にご来院頂いた患者さんが良いお年をお迎えになります事を祈念しております。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.11.29更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

まず一番手前の歯を40分程度、1回の治療で行いました。患者さんにも仕上がりを確認の後、どのような治療内容かを体験してご満足頂けたので、奥3本の銀歯を1回の治療で行いました。1時間40分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.11.22更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

 処置前後

2時間分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.11.13更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

処置前後 

2時間ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.11.08更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング 

患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.10.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯が気になると相談を希望された患者さんが来院されました。

初診時

前医では「全体的に歯根が短いから、歯が長持ちしにくい」と伝えられ、今後のことに不安を感じておられました。レントゲン写真を撮影の後、「極端に歯根が短い訳ではなく、歯科治療が特別難しい方であるとは感じません。しかし、歯の負担過多になると、歯が長持ちしにくくなることは事実です。そのためには、歯の欠損に対しては、単独歯で完結する事が望ましく、現状のような長いブリッジは予知性は低いです。」とお伝えし、治療計画を立案しました。

治療計画

患者さんはインプラント治療をご希望されました。CT撮影、シミュレーションののち、手術計画を提示しました。

手術計画

右上のブリッジも予知性は高くありませんが、欠損部への緊急性は下顎の方が高いと判断し、患者さんには下顎へのインプラント治療を提案しました。右下はインプラントのインテグレーション後に根管治療を行うことと、左下は対合が1本分であるため、1本のインプラントで対応できるため、右下の欠損と合わせて2本のインプラントを埋入することで同意頂きました。

CT比較

CTシミュレーション通りに埋入しました。インプラント埋入はzoneで捉えるケースと、spotで捉えるケースがあると考えています。今回右下の場合はspotで捉え、両隣在歯に平行性をもって埋入しています。対して、左下はzoneで捉えています。下顎第一大臼歯の幅径は10.5mm〜11.5mmであるため、インプラント中央部が近心隣在歯から5.5mmとなる場所で埋入しています。近心隣在歯が傾斜しているため、術野のxyz軸を正確に捉えないと埋入方向がずれてしまいます。

「ドリルの先端に意志を持て」

僕がインプラントの師匠に教わった文言です。

インプラント術前術後

今回は12:50にご来院頂き、局所麻酔ののち、左下のブリッジを切断し、術前のクリーニングののち13:15位から手術開始しました。13:45位に縫合終了、術後の説明、資料採取等を行い、14:00には医院を出られました。

患者さんに安心、安全なインプラント治療を行う事ができました。幾何学的に美しいインプラント埋入を行うことができた事も歯科医師冥利に尽きます。

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら