院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.10.04更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療 1時間50分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.30更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

右上の歯の欠損の相談を希望して、患者さんが来院されました。初診時

前医でインプラント治療を10年ほど前に受けられたのですが、右上の犬歯が残念ながら抜歯することになったとのことでした。口腔内の状況を確認し、右上の歯を抜く事になってしまった原因と予知性の高い口腔内にするための見解を患者さんに伝えました。

 その当時の歯の状況にもよりますが右上犬歯を抜く事になった原因は、右下に奥歯がないため、咀嚼時に右上犬歯に過剰負担がかかっていた可能性が高いことを伝えました。欠損部には、右上3本のインプラントをそのまま利用したブリッジでの対応を提案しました。理由としては

◯ インプラントは1歯の欠損に対して、必ずしも1本のインプラントが必要な訳ではなく、既に3本のインプラントが機能しているのであれば、そちらを活用する方が賢明であること。

◯ 抜歯後の骨吸収に加え、右上4部が傾斜してインプラントを埋入されているため、右上3部への埋入は患者さん、術者である僕に負担がかかる状況です。右上3部へのインプラント治療で得られる結果と、患者さんへの負担を比較すると、患者さんへの負担が大きいと判断していること。

の2点を伝えました。

 あと、現状では左上に問題が起こる可能性が高いことを伝えました。長いブリッジが入っているため、清掃性がよくないことと、咬み合わせの負担が特に左上犬歯にかかっていました。そのため、左上2歯欠損部に2本のインプラントと右下2歯欠損部に1本のインプラント、合計3本のインプラント治療を提案しました。

右下は小臼歯で咀嚼を担っており、このままでは負担過大で歯が割れる可能性もあります。そのため、右下にインプラントが必要であると判断しており、咀嚼効率の改善と、清掃性が向上すれば、問題が起こりにくい口腔内状況にできると考えていることを伝えました。以上の事を治療計画書として書面でお伝えしました。

治療計画書

患者さんはインプラント治療を選択されました。CT撮影後、シミュレーションを行いました。その後、手術計画を作成しました。

手術計画書

やはり右上4の傾斜埋入に加え、抜歯後の骨吸収もあるので、右上犬歯部へのインプラント治療は患者さんへの負担が大きい事も合わせてお伝えしました。なぜ、このような傾斜埋入が起こるのかを解説します。

ダメ埋入

インプラント手術のときには歯を理想的に作れるように模型上で『ステント』と呼ばれる装置を作成します。しかし、埋入ポジションをステントに頼りすぎた場合、一番歯に近い部分のインプラントが斜め後方に傾斜します。それはインプラント埋入のドリリング時にステントを頑張って押さえすぎた結果、支える指を中心として回転するため、同心円上の接線のベクトルに埋入する事となります。埋入方向や軸は骨内のことなので、目に見えて問題が起こる事はありません。今回もインプラント治療を行うよりも、ブリッジで対応する方がはるかに患者さんへの負担がありません。患者さんもブリッジでの対応に同意下さったので良かったです。

CTシミュレーション

CTシミュレーション通りにインプラントを埋入しました。

術前術後

患者さんは14:30位に来院され、局所麻酔、術前のクリーニングを行いました。14:50位から手術開始し、15:40位に縫合終了、術後の説明、資料採取を行い、15:50には医院を出られました。患者さんには安心、安全なインプラント治療を受けて頂いて、予後も良好だったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.18更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間20分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.10更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間20分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間10分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.08.30更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間40分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.08.28更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

受付の堀本さんの誕生日をケーキとプレゼントでお祝いしました。

誕生日

 彼女の誕生日を当院で祝うのも7回めになります。最初は分からない事だらけだったと思いますが、向上心を持って頑張ってくれています。今では受付、助手としてかけがえのない存在です。

「あちこち転々とすることもキャリアの上で必要な事もある。ただ、それでは身に付かないことが僕は一つだけはあると思う。それは患者さん、上司、同僚を含めたクライアントからの信用、信頼。これだけは一朝一夕では構築できないと僕は考えている。信用、信頼されてこそ必要とされると思うし、必要とされることは生き甲斐の一つだと僕は思う。」。。。と、こんなくどくて、アツ苦しいことを聞いて下さるスタッフ二人には頭が下がります。

 堀本さん、お誕生日おめでとーう☆ 仕事は今のままでいいよ、プライベートもますます充実してステキな毎日が送れますように☆

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.08.12更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

8/9(金)、10(土)とお休みを頂き、先に帰省している家族と合流しました。娘も息子も小学生になりました。今は低学年なのでまだ遊んでくれますが、一緒に過ごせるのもあと少しかも、と一緒に過ごせる時間を密度の濃いものにしたいと考えるようになりました。

一緒に過ごす3日間、とにかく自然の中で遊ぼうと、海に川に公園にと連れて回りました。

海

太平洋側は台風の影響で波が高いので、内海のところに行きました。子ども達は大はしゃぎです。

海

翌日、川に行きました。「魚がいる!」と途中から網を持って魚取りに没頭です笑

川

娘が魚を捕る事ができ、とても喜んでいました。悔しがる息子のために、僕達夫婦で、もう一匹捕まえることはできないかと頑張りましたが、捕まえる事はできませんでした。捕まえた魚は、僕が水を入れ替えようとするところを見計らって、逃げてしまいました。父親として痛恨のミスでしたが、リリースは当然なこともあり、娘は捕まえた事でご満悦だったので、気にしていなくてよかったです。

公園

公園でも遊びました。今までは手や足が届かなかっただろうところでも、ひょいひょい行けるようになり、大きくなったなぁと感じました。

海

桜島をバックに。子ども達だけにするのは危ないので、子ども達の傍にいるだけなのですが、とても楽しかったです。僕は元々色黒なので日焼けはもう間に合っていますと、結構防備していたのですが、意外と焼けていたので照り返しってすごいんだなぁと感じました。

かき氷

遊んだ後は、子ども達が大好きなかき氷で笑 僕達夫婦は元々インドア人間なのですが、子ども達のおかげで、あちこち行ってみてアウトドアも楽しんでみようと思えるようになりました。貴重な3日間を過ごせて、とても楽しかったです。

8/13(火)、14(水)、15(木)、16(金)、17(土)は午前、午後ともに診療致します。急なお痛みはもちろん、歯の検診、クリーニングも承ります。混み合いますため、ご予約をご希望の方は、お早めに医院にお電話下さい。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.08.07更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

前歯部審美治療

三回ほどご通院頂きましたが、患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.07.31更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいと患者さんがご来院されました。右上の前歯の神経を過去に抜いておられたため、ホームホワイトニングを行うにしても、結果に差が出る可能性が高いとは説明しましたが、ホワイトニングのみで患者さんにご満足頂ける結果になるのであれば、それが一番リーズナブルであることを説明しました。その結果を鑑みて、その後の治療方針を考える事で同意頂き、ホームホワイトニングを開始しました。 

ホームホワイトニング

神経を抜いていた前歯も白くはなっているのですが、他の健全歯とホワイトニングのリアクションに差があります。患者さんは他の歯の色と合わせてセラミック治療をご希望されました。

セラミック治療

しっかりホームホワイトニングして頂いたので、だいぶ白いシェードのセラミッククラウンを装着しました。過去の歯の切削既往により、形が左右非対称になっていたのも、合わせて回復できるよう努めました。患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ 前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら