院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2021.04.28更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

インプラント治療を受けられた患者さんの治療が終わりました。インプラント手術に至る詳細は2020年2月25日をご覧下さい。 

インプラント

 インプラント埋入から3ヶ月後に仮歯が入り、かみ合わせのリハビリテーションを行いました。最終補綴は光学印象で作成しました。

インプラント光学印象

インプラント光学印象 今回は単冠処理しておりますが、何かあった時のことも視野に入れます。後々に連結することになったとしても大丈夫なように平行性をもってアバットメントをデザインしました。理想的にインプラントを埋入できたので、問題なく上部構造を作成できて良かったです。

初診時

初診時のパノラマレントゲン写真です。黄色矢印の歯が痛むと訴えておられ、その歯は根管治療の末、保存することができました。赤色矢印の歯は保存が難しいとは診断したのですが、治療する前から諦めることは良くないので、クラウンとメタルコアを外したあとで、判断しようと考えました。

インプラント

むし歯が深く、歯質が穿孔していました。残念ですが、初見で判断した通り、やはり抜歯ということになりました。患者さんはインプラント治療を希望されたので、抜歯後骨を再生し、インプラント治療を行いました。

インプラント

初診時から治療終了までの期間は1年半ほどですが、途中脳と頸椎の検査入院等で通院が空いたこともあり、インプラントの治療期間は実質10ヶ月程度です。治療終了時に初診時の写真を見比べて気づいて「口が大きく開くようになったんじゃないですか?」と伝えました。患者さんは「そうなんですよ。治療する前は大きく口を開けると痛みを感じることもあって。今はどうもなくなって嬉しいです。」とのことでした。

奥歯で咬む習慣ができたことで顎関節も落ち着いたようで良かったです。仮歯を入れて咬み合わせを作ったあとで検査入院があったおかげで、咬み合わせのリハビリテーションがしっかりできたことも功を奏したのだと思いました。患者さんもとても喜んで下さいました。

医療広告のガイドラインに基づき、治療概要を記載致します。

治療名:インプラント治療、CEREC治療

治療内容:左下は骨再生後、3本のインプラントを埋入。右下は抜歯して骨再生後、1本のインプラントを埋入。仮歯作成後、光学印象、セラミッククラウン装着。

治療に際してご理解頂いたこと:局所麻酔が必要です。骨再生処置、インプラント治療では外科処置が必要です。インプラントドリリング時、歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。治療途中は歯を入れることができませんが、ご希望でしたら、部分義歯を作成致します。仮歯作成後は咬む感触、頬粘膜、舌に触れる感触などを慣らすためにリハビリテーションを行います。

治療後にご注意頂くこと:治癒は術後の患者さんの動向に依存する部分もあります。手術後2〜3時間は患部を良く冷やして頂いた方が腫れにくくなります。手術後当日は汗をかくような体を温める血行が良くなることは控えて、安静にして頂いた方が腫れにくくなります。2〜3日は腫れることがございます。装着している上部構造はオールセラミッククラウンなので、固い物を不意に咬んだ時に割れることもあります。アバットメントをつなぐスクリューが緩むことがあります。しかし、中のアバットメントは全く無傷でいることが可能ですし、コンピューター内にデータがありますので、ご来院時には既に作成しているセラミッククラウンを装着できます。

治療期間:約10ヶ月

費用:骨再生処置、診断料、手術基本料、4本インプラント埋入手術、光学印象、4本セラミッククラウン 約150万円

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.04.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

衛生士の岡田さんが誕生日だったので、ケーキとプレゼントでお祝いしました。

誕生日  彼女の誕生日を当院で祝うのも9回目になります。

 今までに僕がウイルス性感染症に罹患して休院したことや、スタッフがウイルス性感染症に罹患して欠勤したことはございません。診療室に患者さんが入る際に、「この部屋に入るの、今日は私が初めて?」と思って頂けるように、ホコリやゴミが落ちていない一般的な清掃、衛生観念はもちろん、医療従事者としての清潔概念を徹底しております。設備はお金をかければ充実させることができます。しかし、考え方は本人の資質によりますので、お金をかけても充実しません。

 ご通院された患者さんが、当院がどのように日頃から感染予防を実践しているか、当院が安心してご通院頂ける医院であるかを、ご判断頂ければ良いと考えておりますので、当院では、感染対策をしている事のアピールは行いません。

 口の中を日常的に触る歯科医院において、ウイルス感染予防対策を徹底するのは、今に始まったことではないですし、今から始めて間に合うことではございません。当院が現在行っている感染予防対策も、診察室が個室なのも、医院内が土足厳禁なことも、10年前の開院一日めから何も変わりません。

 このようなご時世ですが、従業員には出勤を強要することはありません。「困っている患者さんの健康を守るより、なによりも自分がコロナに感染したくないのであれば、いつでも休みなさい。自分が感染したらダメ。でも、人は病原体じゃない。自分以外の他人を感染源としてしか見れない世の中になるのが一番悲しいことだと思う。」と伝えています。
 僕達は目の前のお困りの方に尽力することで、未来を明るいものにできるよう尽力していきたいと考えています。

岡ちゃん、お誕生日おめでとーう!プライベートも益々充実しますように!

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.04.08更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

 セレック治療

 奥から二番目のクラウンも色が気に入っていないので、やり変えたいとのことでした。ジルコニアクラウンだったので撤去し、いったん仮歯を作成しました。銀の詰め物の下で、むし歯があるところがあったので、いったんむし歯治療を行い、何も症状がないのを確認の後、セラミック治療に移行しました。2本の歯の施術を2回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

治療概要を記載致します。

治療名:CEREC治療

治療内容:ジルコニアクラウンを撤去し仮歯を作成、仮着しました。金属製の修復物を外し、むし歯等を除去した後、いったんグラスアイオノマ―セメントで覆罩しました。何も症状がないのを確認した後、窩洞を形成し整えました。光学印象し、同日中にセラミックで修復しました。

治療に際してご理解頂いたこと:局所麻酔が必要です。金属撤去時、歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。

治療回数:2回(2回ともに約1時間)

費用:CEREC治療(2本分)約13万円(ジルコニアクラウン撤去費用含む)

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.04.02更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

 銀の詰め物の下で、むし歯があるところがあったので、いったんむし歯治療を行い、何も症状がないのを確認の後、セラミック治療に移行しました。3本の歯の施術を2回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

治療概要を記載致します。

治療名:CEREC治療

治療内容:金属製の修復物を外し、むし歯等を除去した後、いったんグラスアイオノマ―セメントで覆罩しました。何も症状がないのを確認した後、窩洞を形成し整えました。光学印象し、同日中にセラミックで修復しました。

治療に際してご理解頂いたこと:局所麻酔が必要です。金属撤去時、歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。

治療回数:2回(1回め、約30分、2回め約1時間30分)

費用:CEREC治療(3本分)約14万円

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.03.31更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望の患者さんが来院されました。
 歯並びがきれいになったとしても、歯の色や形は変わらないことを考慮し、審美治療と矯正治療で治療期間や費用、結果のメリット、デメリットを患者さんとよく話し、検討をお願いしました。患者さんは審美治療を選択、同意されたので治療に移行しました。

前歯部審美治療

治療前後の比較です。患者さんは怖がりの方でしたが、治療後の結果にとても喜んで下さいました。

治療概要を記載致します。

治療名:CEREC審美治療

治療内容:ラミネートベニアで対応する部位に仮歯を装着し、口唇の擦れ具合や咬唇がないかを観察。特に問題なく、患者さんからの訴えもなかったため、クラウンで対応する部位に局所麻酔を行い、歯を切削し、仮歯を装着。患者さんに形を同意して頂いた後に、光学印象と印象、シェードテイクを行いました。接着性セメントでの試適を行い、患者さんに色や形に変更がないのを確認の後、合着しました。

治療に際してご理解頂いたこと:生活歯なので、セラミッククラウンの治療の際に毎回局所麻酔が必要です。歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。治療は神経を保存していくことを優先します。しかしながら、患者さんのご希望する形にするために歯の切削を進めた結果、しみる症状が出た場合は神経の処置を行うことが必要となります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。ラミネートベニア装着部は咬み合わせの当たり具合によっては、外れることがありますが、無切削でできるため、選択しています。外れることを望まないのであれば、切削し、クラウンでの対応となりますが、口蓋側の厚みが今より増すため、無切削のときよりも違和感があることに同意頂きます。

治療期間、回数:1ヶ月半、8回

費用:CEREC治療(5本分)約33万円

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.03.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

リモートワークの際に、ご自身のワイプ画像を見て気になるようになったので、前歯をきれいにしたいとご希望の患者さんが来院されました。 

審美治療

◯ 今の形のままだと左右がアンバランスで、きれいではないと思うこと

◯ きれいにするのであれば、反対側の歯と比べて切端が短いので、修正させてもらいたいこと

◯ 下の前歯との滑走時の兼ね合いで、すこしだけ張らせてもらいたいこと

を説明し、同意頂いたので、セラミック治療に移行しました。

審美治療 側方からです。

審美治療

1本の歯の施術を合計3回の通院で終えました。患者さんはとても喜んで下さいました。

治療概要を記載致します。

治療名:CEREC審美治療

治療内容:ファイバーポストの必要性を患者さんに説明し、同意頂いた上で、歯を切削し、仮歯を装着。患者さんに形を同意して頂いた後に、光学印象と印象、シェードテイクを行いました。セラミッククラウンはいったん仮着し、実生活して頂き、装着感を患者さんに確認の後、セラミッククラウンの色や形に変更がないのを確認し合着しました。

治療に際してご理解頂いたこと:左右対称を目指すために、前歯を若干前に出す必要があります。歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。

治療期間、回数:2週間、3回

費用:CEREC治療(1本分)約8万円 ファイバーポストによる支台築造費用を含む

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.03.10更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯が浮いた感じがするとご来院された患者さんへの施術が終わりました。被せを外したところ、歯が割れており、残念ながら保存不可能な状態でした。

臼歯部審美治療

部分義歯、ブリッジ、インプラントでの治療オプションを説明し、患者さんはセラミックブリッジでの対応を選択されました。3本の歯の施術を6回の通院、約2ヶ月で終えました。患者さんはとても喜んで下さいました。

治療概要を記載致します。

治療名:臼歯部審美治療

治療内容:インプラント治療、義歯治療、ブリッジ治療のメリット、デメリットを患者さんに説明し、同意頂いた上で、割れた歯を抜歯しました。その後、両隣在歯を切削し、仮歯を装着。知覚過敏症状が出ていないこと、抜歯後の粘膜の治癒を確認した後に、印象しました。装着感を患者さんに確認の後、セラミッククラウンの色や形に変更がないのを確認し合着しました。

治療に際してご理解頂いたこと:歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。処置中は局所麻酔下で行うため問題ないのですが、処置後に冷水痛などの知覚過敏症状が出る可能性があります。あまりに強い場合は神経の処置をする必要があり、その際は別途通院回数が3〜4回程度かかります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。

治療回数:6回

費用:emaxBr(3本分)合計約30万円 

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.03.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

息子が8歳の誕生日を迎えたので、息子が大好きなロールケーキでお祝いしました。息子も乳歯が抜ける年頃になりました。当院は患者さんに向けての矯正治療は行っておりませんが、「自分達の子供の歯並びくらいは自分達で治そう!」と夫婦で子供達の矯正治療をしています。

誕生日

息子は顎が小さくて、乳歯の歯並びから想定して、将来歯並びが不揃いになることが想定されました。

ちひろ

上の歯は一見すると歯並びが良いように見えますが、これは乳歯です。永久歯は乳歯よりも大きく幅が広いため、このままでは不揃いになる可能性が高いです。上顎の拡大床を使って、上顎を拡げました。

拡大床

コロナ禍で学校が休校だったこともあり、拡大床をほぼ入れっぱなしにできました。2ヶ月半で4㎜程度拡がりました。

ちひろ

乳歯が抜けました。

拡大

まだまだ拡げます。学校が始まったこともあり、拡大床をつける時間が短くなりました。

ちひろ

永久歯が生えてくるスペースを確保できました。また状況を見て、拡げていこうと考えています。

CT

僕のCT画像です。息子の成長を、僕の左下第一大臼歯も喜んでいるようです。

 当院では、僕達夫婦の方針から、患者さんに向けての矯正治療は行っておりませんが、当院にご通院されてる患者さんの矯正治療や、そのタイミングについてのご相談は承っておりますし、毎回の検診の際に、お子さんの性格や口腔内状況を鑑みて、お伝えするようにしています。

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.02.28更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯科用CTを導入しました。

CT

 開院した2011年にもCTはありました。患者さんに提供できる技術や設備をCTとCERECとで比較した時に、僕にとっては患者さんに革新的な治療技術を提供できるCERECを導入しました。途中2代目のCERECも導入し、開院から9年半が経過しました。セラミック治療のみならずインプラント治療でも、光学印象は僕にとって不可欠な存在になり、自分なりに極まりを感じていました。
 新たな自身の研鑽材料と患者さんに提供できる技術革新の発掘に加えて、お世話になっている業者さんへの恩返しとコロナ禍における社会貢献のために、今回歯科用CTを導入しました。

 2011年の時点で導入しなかったCTを、今回導入した理由は以下の通りです。

◯ 東日本大震災後に開発されたCTは被爆量が大幅に減少している。

◯ 撮影時間が17秒と短く、さらに座位で撮影できるため、撮影中の患者さんの負担が少ない。モーションアーチファクト(体動による撮影された画像のぶれ)も軽減された。

◯ 撮影された画像の解像度が、限界まで高められている。これ以上画像の精度を高めても、人の視覚の認識精度を超えてしまうとのこと。

◯ 最大撮影範囲が、2011年当時は80㎜×80㎜だったものが、現在は95㎜×95㎜となり、顎が大きな方も画像が切れる可能性が少ない。

パノラマレントゲンとCT画像の違いを、僕のパノラマレントゲンを元に説明します。

パノラマ

 パノラマレントゲンは、3次元的な構造物である顔を1枚の長方形に起こすため、彎曲している上下の前歯部はその圧縮の影響を受けることがあります。例えば、地球儀をメルカトル図法に起こした時、グリーンランドとオーストラリアに縮尺の違いが起こるようなものです。

 パノラマレントゲンの場合、臼歯部、前歯部、上顎、下顎どこかを誤差なく撮影するとなると、どこかに誤差がでてくることがあります。しかしその誤差は臨床上、それほど問題はありません。これが、僕が当初CTを必要としていなかった理由です。今回、臼歯部はきれいにとれていますが、そのひずみが下顎前歯部に出ています。

左下

 僕は自分のパノラマレントゲンを撮影する度に、「下顎大臼歯の歯根、こんなに長くないけどな。どこかでひずんでるんやろか。こんな根長かったら、根治大変すぎるで。」と思っていました。僕は今までに神経の処置を受けたことはありません。今回僕のCT撮影をして画像を診断しました。

根管

 歯を水平に輪切りにした状態の画像です。根管の形態が非常に分かりやすいです。

ct

 歯を右から左に輪切りにした状態です。CTは画像を球で捉えますので、縮尺のひずみは生じません。パノラマレントゲンでのひずみではなく、僕の第二大臼歯は犬歯なみに長いことが判明しました。むし歯はないのですが、根管が根尖部で頬側に曲がっているので、神経の処置をすることになったらめちゃくちゃ大変です。『歯を大切に』と己に言い聞かせました。

 少し下方に下顎管(神経の通り穴)があります。一般の方が見ても分かるように、非常に鮮明な画像であることが分かります。

 どの患者さんにも必要になる器材ではないかもしれませんが、医院の設備の充実を図り、今後も研鑽していきたいと思います。

CT

余談ですが、上顎洞もきれいでした笑 鼻、喉の腫れがなく、蓄膿がないということが分かって良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2021.02.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯がないところにインプラントをしたいと患者さんがご来院されました。

処置前

インプラント治療を行うことは可能なのですが、同部の透過像が気になったため、皮質骨内への不良肉芽の迷入を疑いました。

GBR前 

治癒が正常に行われた場合、このように境界が明瞭にはなりません。治癒時に肉芽組織が迷入したため、下顎骨内の骨組織が治癒せずに回復した可能性があることをお伝えしました。この場合、肉芽組織とともに嫌気性菌も併せて存在している可能性があり、インプラントと骨組織との結合を阻害する可能性があります。患者さんにはまずはしっかりと掻爬し、骨再生処置を行った方が良いことを作成した治療計画書を元に説明し、同意頂きました。

治療計画書
GBR前後

嫌気性菌は酸素に触れることで死滅します。再掻爬、骨増生を行い、骨組織の境界が不明瞭になったことで正常に骨組織に置換されたと判断しました。インプラント手術計画書を作成、説明し、同意頂きました。

手術計画 

インプラント埋入後です。

インプラント埋入後

処置前後の比較です。流れるような平行性で幾何学的に美しいインプラント埋入を行うことができました。インプラントは補綴物(かぶせ)のようにやり直すものではありません。不安や悩みを乗り越えた患者さんの決意に応える想いや歯科医師としての技術の証として、職人が作品を作る意気込みで、手術に臨んでいます。歯科医師冥利に尽きるインプラント埋入を行うことができて良かったです。

インプラント術前術後

患者さんは12:20に来院され、局所麻酔、クリーニング後12:50から手術開始、13:40には縫合終了しました。術中術後の資料の確認を患者さんと行い、13:50には医院をお出になられました。患者さんも喜んで下さったので、良かったです。

医療広告のガイドラインに基づき、治療概要を記載致します。

治療名:インプラント手術

治療内容:抜歯して骨再生後、4本のインプラントを埋入。

治療に際してご理解頂いたこと:局所麻酔が必要です。骨再生処置、インプラント治療では外科処置が必要です。インプラントドリリング時、歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。治療途中は歯を入れることができませんが、ご希望でしたら、部分義歯を作成致します。

治療後にご注意頂くこと:治癒は術後の患者さんの動向に依存する部分もあります。手術後2〜3時間は患部を良く冷やして頂いた方が腫れにくくなります。手術後当日は汗をかくような体を温める血行が良くなることは控えて、安静にして頂いた方が腫れにくくなります。2〜3日は腫れることがございます。

手術時間:骨再生手術約50分、インプラント4本埋入手術 約50分

費用:骨再処置、診断料、手術基本料、4本インプラント埋入手術(印象、上部構造等は含んでおりません) 約90万円

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら