院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.12.28更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

年内は12/28(月)までの診療年始は1/4(月)14時からの診療となります。

院長

 2020年を振り返ると、飛び交う報道でご通院に不安を感じた方もいらっしゃったと思います。誰も経験したことのない事態には、事実から得られる『知識』と、冷静に客観的に判断する『良識』が大切だと考えています。
 開院してから2019年末までに、インフルエンザ等のウイルス疾患に罹患してスタッフが欠勤することや、僕自身が罹患することで休院することはありませんでした。開院してから今までの清潔観念から、何かを一新したことはございませんが、僕もスタッフも37℃以上の熱があることは本年は一度もありませんでした。免疫力が落ちなかったせいか、むしろ昨年まで以上に元気に診療に従事できました。
 当院の清潔観念、感染予防対策が開院当初から徹底されていることが、客観的に分かったことは収穫だったと考えています。
「歯科医院では削った切削片が漂い、感染源となっている」との報道もありました。全国の歯科医院で、注水無しで歯を切削することが絶対になく、空気よりも軽い歯科材料、歯を含めた周囲組織はありません。なので、切削片は空気より重いのに漂っている訳がありません。ご不安に思われた方はご安心下さい。

 「今歯医者に行ったら、先生やスタッフさんが嫌がるってテレビで言うてて。どうしようと思ってました。」というお声を、本年はよく耳にしました。自主的に通院をお控えになった方で、むし歯が進行したり、歯肉が腫れたりと口腔内状況が悪化した方が増えたことに、僕もスタッフも心が強く痛みました。気になった時にご来院頂けていたら、少ない回数で治療できた症状が、悪化したことで通院期間や通院回数が多く必要になってしまったからです。

 学校で地震が起きたら、先生は生徒の安全をまず確保します。公共交通機関で事故が起きたら、操縦者は乗客の安全をまず確保します。火事が起きて一番に逃げる消防士さんはいませんし、事件が起きて一番に逃げるおまわりさんはいません。

 感染の最前線に立っているのは、今に始まったことではありません。このような事態のために、医療従事者は必要とされ存在すると僕は考えています。

 当院に従事する僕とスタッフは、お口のことでお困りの患者さんがいる中で、「自分よりも患者さんが感染しないように、自分が患者さんに感染させないように」医院の感染予防を行っていますし、「何よりも自分が感染したくないから」と、保身を最優先することは絶対にございませんことを、誓ってお約束致します。

 熱く語ってしまって申し訳ございません。「ひとりごと」ですので、何卒ご容赦下さい。

 ご自身の歯の健康を守るためにご通院下さったたくさんの患者さんに、本年も尽力させて頂きました。
2021年も、自身ができることを一生懸命に取り組み、目の前の患者さんに喜んで頂けるよう医院一丸となって研鑽して参ります。
 当院をご愛顧下さるたくさんの患者さんが、実り多き新年をお迎えになりますことを心より祈念しております。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.12.22更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

奥歯をきれいにしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

臼歯部審美治療

4本の歯の施術を4回の通院、約1ヶ月で終えました。患者さんはとても喜んで下さいました。

治療概要を記載致します。

治療名:臼歯部審美治療

治療内容:インプラント治療、義歯治療、ブリッジ治療のメリット、デメリットを患者さんに説明し、同意頂いた上で、歯を切削し、仮歯を装着。知覚過敏症状が出ていないことを確認した後に、印象しました。装着感を患者さんに確認の後、セラミッククラウンの色や形に変更がないのを確認し合着しました。

治療に際してご理解頂いたこと:歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。処置中は局所麻酔下で行うため問題ないのですが、処置後に冷水痛などの知覚過敏症状が出る可能性があります。あまりに強い場合は神経の処置をする必要があり、その際は別途通院回数が3〜4回程度かかります。

治療後にご注意頂くこと:3〜6ヶ月に1度のメンテナンスが必要です。不意に固い物を咬んだり、歯みがきがきちんとできていなくてむし歯ができたり、必要なメンテナンスの期間を超えて放置していたりするとセラミックが破折することがあります。

治療回数:4回

費用:CERECインレー1本分、emaxBr(3本分)合計約34万円 

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.12.18更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

インプラント治療を受けられた患者さんの治療が終わりました。インプラント手術に至る詳細は2020年7月17日をご覧下さい。 

インプラント術前術後

 インプラント埋入から3ヶ月後に仮歯が入り、1ヶ月ほどかみ合わせのリハビリテーションを行いました。最終補綴は光学印象で作成しました。

光学印象頬側

今回は単冠処理しておりますが、何かあった時のことも視野に入れます。後々に連結することになったとしても大丈夫なように平行性をもってアバットメントをデザインしました。

光学印象咬合面

今回は既存骨にしっかり埋入することを目標にしたので、近遠心的な平行性を守りました。問題なく上部構造を作成できて良かったです。

僕が副院長時代から11年以上診させて頂いている患者さんなので、今後も患者さんの想いに寄り添っていきたいと思っています。患者さんもとても喜んで下さいました。

医療広告のガイドラインに基づき、治療概要を記載致します。

治療名:インプラント治療、CEREC治療

治療内容:抜歯して骨再生後、3本のインプラントを埋入。仮歯作成後、光学印象、セラミッククラウン装着。

治療に際してご理解頂いたこと:局所麻酔が必要です。骨再生処置、インプラント治療では外科処置が必要です。インプラントドリリング時、歯の切削に伴い、振動などの違和感があります。治療途中は歯を入れることができませんが、ご希望でしたら、部分義歯を作成致します。仮歯作成後は咬む感触、頬粘膜、舌に触れる感触などを慣らすために一ヶ月ほどリハビリテーションを行います。

治療後にご注意頂くこと:治癒は術後の患者さんの動向に依存する部分もあります。手術後2〜3時間は患部を良く冷やして頂いた方が腫れにくくなります。手術後当日は汗をかくような体を温める血行が良くなることは控えて、安静にして頂いた方が腫れにくくなります。2〜3日は腫れることがございます。装着している上部構造はオールセラミッククラウンなので、固い物を不意に咬んだ時に割れることもあります。アバットメントをつなぐスクリューが緩むことがあります。しかし、中のアバットメントは全く無傷でいることが可能ですし、コンピューター内にデータがありますので、ご来院時には既に作成しているセラミッククラウンを装着できます。

治療期間:約9ヶ月(骨組織再生手術から)

費用:骨再生処置、診断料、手術基本料、3本インプラント埋入手術、光学印象、3本セラミッククラウン 約110万円

投稿者: リモデンタルクリニック

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら