院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.12.01更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

院長と副院長

2019年は12月28日(土)まで、2020年は1月4日(土)から診療致します。 

2/13(木)は午前診療いたします。

3/19(木)は午前診療いたします。

4/30(木)は午前診療いたします。

5/7(木)は午前診療いたします。

2019年も大変多くの患者さんにご支持頂きました。当院を大事にして下さるたくさんの患者さんに対して、歯科医師冥利に尽きる臨床ができたことや、スタッフも慈しみやいたわりの気持ちを持って全力尽くせたことで、とても充実できた1年であったと感じております。

来年も今まで大切にしている事を、さらに色濃いものにできますよう、そして、さらに新しく良い治療を実践できるよう研鑽して参ります。当院にご来院頂いた患者さんが良いお年をお迎えになります事を祈念しております。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.10.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯が気になると相談を希望された患者さんが来院されました。

初診時

前医では「全体的に歯根が短いから、歯が長持ちしにくい」と伝えられ、今後のことに不安を感じておられました。レントゲン写真を撮影の後、「極端に歯根が短い訳ではなく、歯科治療が特別難しい方であるとは感じません。しかし、歯の負担過多になると、歯が長持ちしにくくなることは事実です。そのためには、歯の欠損に対しては、単独歯で完結する事が望ましく、現状のような長いブリッジは予知性は低いです。」とお伝えし、治療計画を立案しました。

治療計画

患者さんはインプラント治療をご希望されました。CT撮影、シミュレーションののち、手術計画を提示しました。

手術計画

右上のブリッジも予知性は高くありませんが、欠損部への緊急性は下顎の方が高いと判断し、患者さんには下顎へのインプラント治療を提案しました。右下はインプラントのインテグレーション後に根管治療を行うことと、左下は対合が1本分であるため、1本のインプラントで対応できるため、右下の欠損と合わせて2本のインプラントを埋入することで同意頂きました。

CT比較

CTシミュレーション通りに埋入しました。インプラント埋入はzoneで捉えるケースと、spotで捉えるケースがあると考えています。今回右下の場合はspotで捉え、両隣在歯に平行性をもって埋入しています。対して、左下はzoneで捉えています。下顎第一大臼歯の幅径は10.5mm〜11.5mmであるため、インプラント中央部が近心隣在歯から5.5mmとなる場所で埋入しています。近心隣在歯が傾斜しているため、術野のxyz軸を正確に捉えないと埋入方向がずれてしまいます。

「ドリルの先端に意志を持て」

僕がインプラントの師匠に教わった文言です。

インプラント術前術後

今回は12:50にご来院頂き、局所麻酔ののち、左下のブリッジを切断し、術前のクリーニングののち13:15位から手術開始しました。13:45位に縫合終了、術後の説明、資料採取等を行い、14:00には医院を出られました。

患者さんに安心、安全なインプラント治療を行う事ができました。幾何学的に美しいインプラント埋入を行うことができた事も歯科医師冥利に尽きます。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.10.07更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

今日は娘の9歳の誕生日をお祝いしました。

誕生日

 先日、娘の習い事のお迎えに行きました。娘は、エレベーターの前で待っていた僕を見つけて、手をつないで、おしゃべりしながら帰りました。

娘「お父さん、エレベーターの前じゃなくて外の自動ドアの前で待っててほしいの。」

僕「そうだったん、ごめんね。ももちゃんに早く会えると思って、エレベーターの前で待ってたんよ。」

娘「もー、そういう事言わないで!今日、お迎えはお母さんじゃないの?」

僕「お母さんは家で夜ごはん作ってるよ。お父さん、ももちゃんのこと、お迎えできると思って、ウキウキで待ってたよ!」

娘「だから!そういう事言わないで!!」
 とこんな感じで、手をつなぎつつ、あーだこーだ言いながら、言われながら帰りました。

ついこの間は僕の誕生日でした。娘から「おめでとう」の言葉がないなぁと思いながら、一日の診療が終わり帰宅したら、娘お手製の宝探しがありました。

誕生日

探した先には、娘からのバースデーカードが入ったお手紙がありました。

誕生日

娘の女子力を感じた、僕の41歳の誕生日でした。

誕生日

 半年ほど前に、僕はプロ野球選手がONE OK ROCKというアーティストの曲を入場曲で一番使っているという記事を読みました。何か元気が出る曲があるかなと思い、聴いてみました。その中で『Wherever you are』という曲を初めて聴いた時に、娘の事を思い浮かべて涙が止まりませんでした。

Wherever you are, I always make you smile(君がどこにいても、僕は君を喜ばせてあげる)
Wherever you are, I'm always by your side(君がどこにいても、僕は君のそばにいるから)
Whatever you say, 君を思う氣持ち I promise you「forever」right now(君からどう言われても、君を思う気持ちが永遠なことを、今すぐに誓うよ)

歌を聴いて涙が出たのは初めてでした。娘が僕達のところに来てくれて9年になり、少しずつ僕達一家は成長したと思います。愛情とは何たるか、無償の愛とは何たるか、我が身を削ってでも人を想う気持ちを、我が子の教育をもって、教わっている気がします。

誕生日

僕らが出逢った日は2人にとって 一番目の記念すべき日だね
そして今日という日は2人にとって 二番目の記念すべき日だね

これからもっと娘から父親への風当たりは強くなるのではないかとは思いますが、当たりが強すぎて心が折れそうな時はこの曲を聴いて娘を授かって父親になれたときの気持ちを思い出したいです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.10.05更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

10/5で開院8周年を迎えましたので、スタッフとランチでお祝いしました。

開院8周年

 育児や子どもへの教育もそうですが、医院の成長も、力を合わせて成し遂げることができるものと考えていますので、皆でお祝いするようにしています。

 開院して一年ほど経った時に、僕は副院長とスタッフに伝えました。

「僕は院長という立場ではあるけれど、数字を考えたり、人に指示したり、仕事を人に任せるのが上手な経営者、マネージャーを目指すのは、自分の目指す姿じゃなくて興味がわかない。臨床への理想を込めた自分の医院に、ご来院頂いた患者さんのために自身の技術の革新や治療オプションを追究したい。自分が歯科医師として、できる可能性をもっと高めたいから、最善の治療をすることを目指す歯科職人、生涯現役のプレーヤーの道を選ぶ。僕の全力は当院のことを大切に思って下さる、たくさんのいい患者さんのことだけに尽くしていくから。」

 早いうちに自身の歯科医師としての生きる方針を決めておいて、本当に良かったです。家族、スタッフのお陰で、日々臨床や技術の向上に研鑽し、良い医療サービスを行える努力をできることを、心から感謝しております。今後も医院一丸となって、日々ご来院下さるたくさんのいい患者さんのために、邁進して参ります。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.10.04更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療 1時間50分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.30更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

右上の歯の欠損の相談を希望して、患者さんが来院されました。初診時

前医でインプラント治療を10年ほど前に受けられたのですが、右上の犬歯が残念ながら抜歯することになったとのことでした。口腔内の状況を確認し、右上の歯を抜く事になってしまった原因と予知性の高い口腔内にするための見解を患者さんに伝えました。

 その当時の歯の状況にもよりますが右上犬歯を抜く事になった原因は、右下に奥歯がないため、咀嚼時に右上犬歯に過剰負担がかかっていた可能性が高いことを伝えました。欠損部には、右上3本のインプラントをそのまま利用したブリッジでの対応を提案しました。理由としては

◯ インプラントは1歯の欠損に対して、必ずしも1本のインプラントが必要な訳ではなく、既に3本のインプラントが機能しているのであれば、そちらを活用する方が賢明であること。

◯ 抜歯後の骨吸収に加え、右上4部が傾斜してインプラントを埋入されているため、右上3部への埋入は患者さん、術者である僕に負担がかかる状況です。右上3部へのインプラント治療で得られる結果と、患者さんへの負担を比較すると、患者さんへの負担が大きいと判断していること。

の2点を伝えました。

 あと、現状では左上に問題が起こる可能性が高いことを伝えました。長いブリッジが入っているため、清掃性がよくないことと、咬み合わせの負担が特に左上犬歯にかかっていました。そのため、左上2歯欠損部に2本のインプラントと右下2歯欠損部に1本のインプラント、合計3本のインプラント治療を提案しました。

右下は小臼歯で咀嚼を担っており、このままでは負担過大で歯が割れる可能性もあります。そのため、右下にインプラントが必要であると判断しており、咀嚼効率の改善と、清掃性が向上すれば、問題が起こりにくい口腔内状況にできると考えていることを伝えました。以上の事を治療計画書として書面でお伝えしました。

治療計画書

患者さんはインプラント治療を選択されました。CT撮影後、シミュレーションを行いました。その後、手術計画を作成しました。

手術計画書

やはり右上4の傾斜埋入に加え、抜歯後の骨吸収もあるので、右上犬歯部へのインプラント治療は患者さんへの負担が大きい事も合わせてお伝えしました。なぜ、このような傾斜埋入が起こるのかを解説します。

ダメ埋入

インプラント手術のときには歯を理想的に作れるように模型上で『ステント』と呼ばれる装置を作成します。しかし、埋入ポジションをステントに頼りすぎた場合、一番歯に近い部分のインプラントが斜め後方に傾斜します。それはインプラント埋入のドリリング時にステントを頑張って押さえすぎた結果、支える指を中心として回転するため、同心円上の接線のベクトルに埋入する事となります。埋入方向や軸は骨内のことなので、目に見えて問題が起こる事はありません。今回もインプラント治療を行うよりも、ブリッジで対応する方がはるかに患者さんへの負担がありません。患者さんもブリッジでの対応に同意下さったので良かったです。

CTシミュレーション

CTシミュレーション通りにインプラントを埋入しました。

術前術後

患者さんは14:30位に来院され、局所麻酔、術前のクリーニングを行いました。14:50位から手術開始し、15:40位に縫合終了、術後の説明、資料採取を行い、15:50には医院を出られました。患者さんには安心、安全なインプラント治療を受けて頂いて、予後も良好だったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.18更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間20分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.10更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間20分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.09.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間10分ほどかかりましたが、2本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.08.30更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

銀歯を白くしたいとご希望の患者さんへの施術が終わりました。

セレック治療

1時間40分ほどかかりましたが、3本の歯の施術を1回の通院で終える事ができました。患者さんはとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら