院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2019.03.29更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望された患者さんへの施術が終わりました。

初診時

前歯が気になって人前で笑うのを気にしてしまう、とのことでした。矯正治療で歯並びがきれいになったとしても歯自体の色調は変わらないこと、通院回数や治療費用、それにともなう治療結果と患者さんの満足度を良く話し合いました。歯並びをきれいにするために、矯正治療では最低2本程度抜歯が必要になるだろうこと、患者さんの社会背景的に矯正治療での3年近くの通院が可能かどうか判断を仰ぎました。

結果、患者さんは前歯3本をセラミッククラウンで被せていく事を希望されました。

処置後

ご自身の歯をホームホワイトニングで白くしていくとのことでしたので、セラミッククラウンを白めに設定しました。2本の歯を切削し、3本のセラミッククラウンを装着しました。元々の歯は扇型のような切端に対して末広がる形態でした。患者さんの雰囲気に合わせて、シャープかつ優しい印象の形態に変更できるよう心がけました。

比較

患者さんには「2本ではきれいに仕上げる事は難しいです。3本の歯を触らせて頂ければ、納得いく結果をご提示できると思います。」と処置前に説明していました。スマイル時

僕は前歯がちらりと見える微笑時の印象が大切だと思っています。この印象がきれいにできたら、患者さんの前歯に対するコンプレックスがなくなるからです。

治療開始から1ヶ月程度ご通院頂きましたが、患者さんにはとても喜んでもらえたので良かったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.03.15更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望された患者さんへの施術が終わりました。

前歯部審美治療

 歯だけに着目するとわかりにくいのですが、口唇や人中などを重ねると前歯がずれているように見受けられます。前歯は基本的に顔貌に合わせて作製していく事が大切です。型を取りした模型では歯肉や歯並びの情報は伝わっても、顔貌の情報は作製する技工士さんには伝わらないので、このようなずれが起こる事があります。

 他にたまっている汚れを徹底除去し、神経の治療を4本分行う必要がある事、セラミック作製の上で、金属の土台ではなくファイバーの土台の装着が必要である事、治療期間は4ヶ月はかかることを説明し、同意頂きましたので治療を進めました。

前歯部審美治療

歯の中から周りまで、3ヶ月ほどかけて4本の歯を徹底的にきれいにしました。仮歯をスキャンしてセラミッククラウンを作成しました。

前歯部審美治療

初診時との比較です。

前歯部審美治療

処置前後の口元の評価です。

前歯部審美治療

歯並びがずれていると、顔貌まで歪んでいるように見えてしまうことがあります。4ヶ月ほどかかりましたが、徹底的に治す事ができて、患者さんにも喜んでもらえたのでよかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.03.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

息子が誕生日を迎え、6歳になりました。息子が大好きなバウムクーヘンを、ホイップとお菓子でデコレートしました。ほとんど食べてくれて、とても嬉しかったです。

誕生日

息子のことは『ちーちゃん』と呼びたかったので、『ちひろ』と名付ける事は決まっていました。どの漢字で名付けるかを悩んだ事が遠い昔のようだったり、ついこの前のように感じたりします。『小川』という「はらい」が多い姓に対して、「かこう」や「とめる」字のほうがいいかなと考えたり、字をぱっと見て男の子と分かる字のほうがいいかなと考えたり、縦書き、横書きでバランスを考えたり。書いた紙を写真に撮って、通勤、帰宅途中で考えた事も良い思い出です。

誕生日

僕の一字と薩摩の猛将 島津義弘公より一字頂いて、『智弘』と名付けました。ちょっと抑えてくれたら嬉しいな、と思うくらい元気いっぱいで、たくましく育ってくれて嬉しい限りです。

誕生日

僕は娘には優しく、息子には厳しく育てる!って意気込んでおりました。息子のことはいつも「がんばれ!智弘ができるようになりたいって思う事は、できるまでお父さんは意地でも応援する。お父さんはちーくんの一番の応援団だから。絶対そばにいるから、がんばれ!」と思って、見守っています。

誕生日

困っている人がいたら、すすんで手を差し伸べる事ができる、優しくて元気いっぱいな男の子に育ってほしいと心より願っています。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.03.04更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯の色が気になると訴えて来院された患者さんへの施術が終わりました。

 前歯部審美治療

3回の通院で、ご希望に沿う治療を行う事ができました。とても喜んで下さったので嬉しかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.03.01更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

院長と副院長

3月の診療日の変更のお知らせです。

3/13(水)午前を休診致します。14時から診察致します。

3/14(木)午前午後診療致します。

3/15(金)休診致します。

4月1日から診察開始時間を朝9時に変更致します。新規の患者さんの最終受付は17時、既にご来院頂いている患者さんの最終受付は18時とします。(土曜日はともに12時)

4月、5月、6月の診療日の変更のお知らせです。

4/29(月 • 祝)、30(火 • 祝)、5/1(水 • 祝)は午前午後診療致します。

5/30(木)は午前診療致します。

6/1(土)は休診致します。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.02.22更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご来院された患者さんへの施術が終わりました。

処置前

経年的にかみ合わせですり減ることで、前歯の丸みがなくなってしまい、切端が直線的になります。男性の場合はそれでも良いと思うのですが、僕は女性の場合は歯に丸みがあった方が良いと考えています。加えて、患者さんは歯のクラック(亀裂)が気になると言っておられました。この亀裂はレジン修復を行うと、表面的な質感が一定でなくなり、経年的に着色してきて、今よりも亀裂が目立つ事となります。患者さんの年齢や社会背景を加味して、きれいにするのであれば、セラミック治療を行った方が良いと説明し、同意頂きました。

処置後

すり減った犬歯もとがらせてほしいとご希望されたので、ご本人のかみ合わせに支障がないよう、尖らせて修復しました。

処置前後

2ヶ月ほどかかりましたが、患者さんにはとても喜んで頂けたので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.02.20更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯の色が気になると訴えて来院された患者さんへの施術が終わりました。

前歯部審美治療

3回の通院で、ご希望に沿う治療を行う事ができました。とても喜んで下さったので嬉しかったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.02.11更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング 

患者様はとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.02.02更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

欧米では先進医療として行われている光殺菌治療を導入しました。

光殺菌治療

 

 セメントや修復物に含まれる光重合型レジンを硬化させる青色発光ダイオードの光照射を歯周病治療や根管治療、創傷治癒に応用できるようになりました。光感受性物質にこのfotosanを照射し、活性酸素を発生させ、細菌を破壊し、高い殺菌効果を発揮します。当院にご通院中の患者さんで、難治性の病態でお困りの方や、既に治療を受けて頂いた方の高い予知性を保つためのメンテナンスオプションの一つとして、力になれると考えております。

光殺菌治療

この光殺菌治療の特長は、

◯ 照射中は温かい感じはあるが、治療に痛みがない。

◯ あらゆる細菌に効果がある。

◯ 抗生物質ではないため、耐性菌が発生しない。

◯ 副作用がないため、安心してくり返し治療することができる。  

 僕は臨床において『最新は最良であるとは限らない』と考えています。病巣に対して、抗生物質の投与や化学的洗浄、物理的掻爬によるアプローチを行う事がセオリーですが、この光殺菌治療を追加する事で、殺菌できるスペクトルを拡げる事ができるのではないかと期待しています。

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.01.16更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯の詰め物がよく外れるのをなんとかしたいとご希望されて来院された患者さんへの施術が終わりました。

前歯部審美治療

前歯は本来、オーバル(卵形)から丸みを帯びた長方形や二等辺三角形をしています。経年的な摩耗、歯ぎしりや食いしばりによる咬耗で丸みが削れて角張った四角形になり、男性的な歯になってしまいます。患者さんご自身の雰囲気や顔の形から、丸みがあるやわらかい雰囲気の歯に仕上がるように心がけました。

僕は理由なく歯を削る事はありません。歯を削ってセラミック修復を行うのは最終手段と考えており、患者さんの社会的背景や強いご希望、絶対的な同意がない限り、施術は決して行いません。この方は切端のコンポジットレジン修復が何度も外れて困っておられたこと、歯と歯の間にむし歯があり、経年的につぎはぎのような前歯になることを懸念したことで、前歯2本を施術する事に致しました。

通院回数4回、通院期間2週間かかりましたが、患者さんにはとても喜んで頂けたので良かったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら