院長のひとりごと

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2020.03.29更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

右上の歯の欠損の相談を希望されて、ご来院された患者さんの治療が全て終わりました。

インプラント埋入前後の詳細は2019/9/30更新分を御参照下さい。

インプラント

インプラントと骨の結合を待つ間に、上顎前歯の治療を希望されました。

上顎前歯

微笑時の見え方の比較です。

上顎前歯

自然な仕上がりに患者さんにもご満足頂けました。

右上の処置前後です。三本のインプラントがすでに機能しており、患者さんも前と同じ材料で再補綴することで同意頂きましたので、同部に外科処置は行わず、ブリッジで対応致しました。

右上

右下の処置前後です。インプラントで大臼歯を作ったことで、右側での咀嚼効率が上がり、右下の小臼歯の保存が期待できます。

右下

左上です。2本の歯の欠損に対して、5本分のブリッジが入っていました。清掃性が悪く、連結しているために咬頭をたてる設計にしにくく、咀嚼効率が期待できないため、1本ずつの単冠処理で対応しました。

左上

当院ではインプラントは光学印象して対応しています。今まではカスタムアバットメントの作成に、型取りに20〜30分程度かかっていました。光学印象だと3分以内に終えることが可能です。技工士さんの作成も2週間程度かかっていた物が、4日以内に到着します。そのデータを元にCERECでセラミッククラウンを作成できます。当院のCERECシステムとインプラントメーカーがリンクしたため、可能となりました。患者さんの開口負担も少なくすることができ、本当に嬉しい限りです。光学印象

光学印象

患者さんには7ヶ月程度、ご通院頂きましたが、とても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.03.06更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

息子が7歳になり、誕生日を家族でお祝いしました。誕生日

子ども達で飾り付けして、ワイワイ言うてました。

かざりつけ

新型コロナウイルスの世界的な蔓延のための政府の対策として、小学校が休校なので我が子達も家から外に出ることがありません。僕が休みの時は子ども達の体力作りと知的好奇心の開拓をと思い、京都の文化遺産巡りをしています。息子は自転車に乗れなかったのですが、巡ってるうちに乗れるようになりました。

自転車

乗れないうちはイライラしたり、泣いたりと騒がしかったのですが、コツを掴んで乗れ出した時はものすごく嬉しそうでした。子どもが初めて何かをできるようになる瞬間に立ち会えるのは、とても嬉しいです。

僕「ちーくん、自転車に乗れるようになって良かったね。ちーくんが乗れるようになるのを見れて、とっても嬉しいよ。ちーくんだけじゃなくて、最初から何でもできる人はいないよ。ちーくんは今自転車に乗るための勉強をしたんじゃなくて、何かをできるようになるために、人がどんな気持ちになるか、悔しい気持ちをどうやって乗り越えるか、どんな工夫をしたらいいかを考える勉強をしたんだよ。それは、できるようになってからは二度とできない貴重な勉強だからね。ちーくんの周りに悔しくて、悲しくて泣いてる人がいたら、いつでも手を差し伸べることができるようにそばにいるんだよ。強い男ってのは、弱ってる人のそばにいて力になってあげるもんだってお父さんは思うよ。」

息子が自転車に乗れたことを今後の教訓に活かしてくれたら嬉しいです。

『息子の初めての瞬間』を思い返したら、僕は息子の初めての寝返りの瞬間に立ち会うことができていました。

寝返り

「もう少し!もう少し!」とヒートアップし、できた時は妻と二人でめちゃくちゃ拍手したので、びっくりさせてしまい泣かせてしまったことを覚えています。

ちひろ

僕は息子が産まれてきてくれた時には『男の子は甘えさせずに、厳しく育てる!』と思っていました。共同生活が始まるともうかわいすぎて。。。妻と抱っこの取り合いをしたのも、自分が授乳できるんだったらしてあげたい笑と思ったのも今は昔。。。「あのときの天使、どっかですり替わった?」と思うくらいの元気な7歳の男の子に育ってくれました。色んなことに一緒に挑戦したり、体験したりして、親子で成長していけたら嬉しいです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.02.25更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯がないところにインプラントをしたいと患者さんがご来院されました。

初診時

インプラント治療を行うことは可能なのですが、同部の透過像が気になったため、問診したところ1年以上前に抜歯されたとのことでした。

パノラマ

治癒が正常に行われた場合、このように境界が明瞭にはなりません。治癒時に肉芽組織が迷入したため、下顎骨内の骨組織が治癒せずに回復した可能性があることをお伝えしました。この場合、肉芽組織とともに嫌気性菌も併せて存在している可能性があり、インプラントと骨組織との結合を阻害する可能性があります。患者さんにはまずはしっかりと掻爬し、骨再生処置を行った方が良いことを説明し、同意頂きました。

GBR前後

嫌気性菌は酸素に触れることで死滅します。再掻爬、骨増生を行い、骨組織の境界が不明瞭になったことで正常に骨組織に置換されたと判断しました。インプラント手術を行っていく前に、今回は3本インプラントが必要なので、各々の平行性が重視されます。術前の考究用模型(スタディモデル)とステントで、いかにシミュレーションしていくかを説明致します。

ステント

① 技工士さんが理想的に作ってくれた歯のポジションをマーキングします。

② そのマーキングが対合に対して、許容範囲であるかを確認します。

③ 歯列を想定し、頬舌•近遠心的にマーキングし、そのポジションが反対側と比較して問題ないポジションかどうかを確認します。

ステント

④ ①の状態のステントでは、シミュレーションを行うことはできても、手術を行うのは困難です。ステントの歯が長過ぎて干渉し、ドリルが届かない可能性があるからです。なので、ステントの最低限の強度を保てる範囲で薄く削ります。ドリルホールを形成し、そこからマーキングがどのように見えるかを確認します。

ステント

⑤ 実際の手術を行うように、鉛筆をドリルに見立てて持ちます。ドリルホールが干渉してマーキング位置にたどり着けない場合は、ドリルホールを調整していきます。全ての調整が終わったらステントはエタノールで浸潤、消毒していきます。

僕はこのように、患者さんから採取した資料は全て、受験勉強で使う辞書や教科書のようにシミュレーションに使っています。全ては、実際の手術を想定しシミュレーションすることで、きれいな形でインプラントを埋入し、1分でも早く手術を終えて、患者さんに安心して頂くためです。

インプラント

インプラント埋入後です。

術前術後

処置前後の比較です。流れるような平行性で幾何学的に美しいインプラント埋入を行うことができました。インプラントは補綴物(かぶせ)のようにやり直すものではありません。不安や悩みを乗り越えた患者さんの決意に応える想いや歯科医師としての技術の証として、職人が作品を作る意気込みで、手術に臨んでいます。歯科医師冥利に尽きるインプラント埋入を行うことができて良かったです。

患者さんは17:30に来院され、局所麻酔、クリーニング後18:00から手術開始、18:30には縫合終了しました。術中術後の資料の確認を患者さんと行い、18:40には医院をお出になられました。患者さんも喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.02.19更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいとご希望された患者さんがご来院されました。

左上の前歯が少し前に出ており、歯の長さも非対称なように見受けられることをお伝えしました。治療に際し、修正するための治療方針と通院回数と費用をお伝えしました。

前歯部審美治療

患者さんに同意頂けたので、治療開始しました。

処置後

微笑時の評価です。

微笑時

期間は2週間程度で、3回ご通院頂きました。患者さんとても喜んで下さったので、良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.02.03更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング 

患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.01.29更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

前歯をきれいにしたいと患者さんがご来院されました。

初診時

古いクラウンを除去、メタルポストをファイバーポストに置換し、仮歯を装着後に患者さんから「今の歯の色よりも白くしてからセラミッククラウンを装着したい」とのご希望がありました。患者さんの満足いく白さになるまで、ホームホワイトニングを行いました。

処置後

処置前後の比較です。上顎の前突感を訴えておられたので、併せて修正しています。

処置前後

治療終了まで、患者さんには約2ヶ月で8回ご通院頂きましたが、とても喜んで下さったので良かったです。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.01.17更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのオフィスホワイトニングが終わりました。

当院ではオフィスホワイトニングは3回のご通院、施術を受けて頂けたら、効果をよりはっきりとご確認頂けますとお伝えしています。まずは1回めです。

オフィスホワイトニング1

続いて2回めと3回めです。白くなってくるとだんだん違いが分かりにくくなってきます。

オフィスホワイトニング2回め

行う前と3回のオフィスホワイトニングを行った後の比較です。

オフィスホワイトニング3回め 施術に対する通院や費用の負担のため、当院ではホームホワイトニングをお勧めすることが多いです。そのことをご了承頂いた上で、3回のオフィスホワイトニングをご希望されました。患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.01.08更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

歯を白くしたいとご来院された患者さんのホームホワイトニングが終わりました。

ホームホワイトニング 

患者さんはとても喜んで下さいました。

投稿者: リモデンタルクリニック

2020.01.03更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

新年明けましておめでとうございます。本年も医院一丸となって、目の前の患者さんのお気持ちに寄り添える医院を目指して日々研鑽して参ります。

 お正月は九州に帰省して過ごしました。僕の実家の庭で、両親が育てた野菜の収穫をしました。

大根

甥とうちの子ども達でワイワイで、まずは大根を収穫しました。中には『大きなかぶ』のように、数人がかりでも抜けない大根もあり、抜けた時にはとても喜んでいました。子ども達も大根を抜いたのは初めてだったので、いい経験になったと思います。

じゃがいも

ジャガイモも収穫しました。小さなじゃがいもでも、大きなじゃがいもでも、大喜びで収穫してくれていました。

駛馬天満宮

近くの天満宮で初詣に行きました。昨年一年間、家族が健康に過ごさせて頂いたことの感謝をお伝えしてお参りしました。

公園

 妻の実家の近くの公園に、子ども達と遊びに行きました。遊具もあるのですが、どんぐりがたくさん落ちている公園です。ボールと縄跳びも持っていきました。子ども達の縄跳び練習帳を見て、父親としてお手本をみせようとはりきってみました。シンプルな前跳びで1回め76回、2回め43回、3回め13回とやる度に記録が落ちて膝がガクガクになってしまいました。本年は体を鍛えていこうと思いました。

 ボールでキャッチボールもしたのですが、子ども達はどんぐり拾いに夢中になり、鬼ごっこをしたいと言いました。もちろん鬼はエンドレスで僕です。。。「当たったら、うわーやられたー!って言ってね!」と言い、子供達はどんぐりを僕に投げます。新年早々、何十回やられたかは分かりません。「明日も鬼ごっこしようね!」と言うので、帰省期間中、たくさん鬼ごっこしました。遊具や遊び道具もあるのですが、子ども達がどんぐりだけでこれだけ夢中になれるのは嬉しいなぁと思う2020年のお正月でした。

 休診期間中、ご来院されている患者さんにはご迷惑をおかけしました。1/4(土)から通常診療しております。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

2019.12.18更新

京都 四条烏丸の歯科医院 RIMO dental clinicの院長 小川智功です。

全体的な治療の相談を希望されて患者さんがご来院されました。

初診時

レントゲン写真から左側で咬みにくいと推察し、その原因が左下にある事、全体の治療を行う前に、左右問題なく咬めるようにする事が大切であるとお伝えしました。患者さんに治療計画書を作成しました。

治療計画書

患者さんは左下へのインプラント治療をご希望されましたので、抜歯を行い、骨再生手術を行いました。その間の骨と粘膜の成熟を待つ間に、全体のホームホワイトニングを行いました。患者さんが満足される白さになったのを確認して、セラミック治療を行いました。

ホワイトニング後

患者さんにはご満足頂けたので、良かったです。CTシミュレーションを行い、手術計画書を作成しました。

手術計画書

手術内容に同意頂けたので、インプラント手術を行う事となりました。インプラント手術計画には考究用模型(スタディモデル)が不可欠です。模型を使って、手術前にシミュレーションを十分に行います。

模型

所定のポジションにインプラントを埋入するために、模型にマーキングをしていますが、実際にはこの角度で術野を捉える事は不可能です。頬粘膜があるからです。歯の上部の咬合面での中央を捉えがちですが、実際は歯肉同縁部での中央で捉えます。咬合面間でのセンターを捉えると不安定だからです。今度は実際の術野を想定して、緑星印のマーキングがどう見えるかを確認します。

模型

緑星印は実際見ると、中央には見えないことがほとんどです。咬合面でのセンターをとると、赤星印がそうであるように見えます。このように視角が変わる事でずれが生じてしまうことを避けるために十分にシミュレーションを行う事が大切であると考えています。もちろん、解剖学的な制限でポジションや軸を妥協しないといけないケースも沢山あります。今回の場合は、骨再生処置をきちんと行い、理想的にインプラント手術を行う条件を整えることができました。

インプラント術後

 インプラントの埋入本数が少なくても、難しいケースもあります。僕は症例の難易度は埋入本数に依存しないと考えています。埋入本数が増えると、術野が広がり、自由度が広がるからです。一般治療でも考える事は同じですが、一つ一つのことを大切にすることで、次が見える。一つのことを追究して、より多くの学びを得ようとする姿勢が大切であり、経験はその密度や濃度が大切であると考えています。

 患者さんは12:50にご来院され、局所麻酔とクリーニング、むし歯の修復治療を2本ほど行いました。13:25から手術を開始し、13:40には縫合終了、レントゲン撮影や術後の説明を行い、13:50には医院をお出になられました。

 患者さんには負担少なく手術を終えることができたので、よかったです。

 

投稿者: リモデンタルクリニック

前へ

SEARCH

ARCHIVE

CATEGORY

メールでのご相談はこちら